読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神と時のblog

明日が来年ならデーモン閣下と同い年になれると思っているおじさんの駄ブログ

2016年度に気付いたこと - 1

2016年度は個人的にかなり辛かった...。

 

状況的には落ち着いてきたが、

自分の中では消化しきれていない。

 

備忘録として書いておく。

 

●複数のカードが無意味となるケースもある

 

今まで何かの問題に対して複数の解決策を

用意することをモットーとしてきた。

 

こっちのカードでもし駄目ならそっちのカードを出せるようにと。

 

しかし、1つカードを見せた途端、後に引けないケースがある。

 

例えば、ある解決策を説明したとき、その論理に抜けがあって、その抜けをどうするか追求された場合。

 

もう問題はその抜けをどう埋めるかとなる。

やっぱり別の解決策にしますとなると、今までの検証が全て無意味となり、最悪は問題の真理が見えていないと相手に信用されなくなる。

 

問題を解決する場合、論理と同じくらい信用が大切になる。

 

多少の抜けも、その信用でカバーできるくらいに。

 

 

備忘録としてはもっと書きたいが、

今日はここまで。